chuの頭ん中...

   人生の活動報告。日記。More simple,cool and exciting.

人を超える

理屈なんていらない。

 

人智を超えたところに成功はある。

 

だいたい何言ってるのか、よくわからないけど

突き抜けたほうが上手く行ったりするんだ。

 

f:id:chu-hiroking:20150313013317j:plain

月と比べたら人間なんてちっぽけな存在だ

自分は自立できているんだろうか?

 

仕事に悩んだり、将来に悩んだり。

最近の悩みといえばそんなどうしようもないことばかりで、

ベクトルが全部自分に向いてしまっている。

 

別に悪いことじゃないんだろうけど、

なんか小さくなってしまっている気がしてならない。

 

自分の悩みに陥るよりも、社会の問題解決に尽力したり、

そっちの方がひとは力を発揮できるんじゃないかと思う。

 

もっと大きく。もっと先を。

 

f:id:chu-hiroking:20150309231443j:plain

 

 

 

CROSSROAD

学生時代は無茶をすることがかっこいいと思っていた。

海外一人旅をしたり、NGO団体を立ち上げたり、(それを無茶と呼ぶかは別としても)

いかに無茶できるかというのが評価された時期だった。

 

社会人になるとちょっと変わるようだ。

無茶から安定へ。

いかに安全な城を築くことができるか。

"ちゃんと" "しっかり" "恥ずかしくないように"

 

道から逸れないように、同じ方向を向いて歩き始める。

 

それを見ていると他人なんて関係ないと思っていたはずなのに

自分が信じていた大切なもの、価値観を疑い始める。

 

ここで踏ん張れるか。

本当にこっちでいいんだっけ?ってなっても

それでも自分を信じて前に進み続けられるか?

 

決めた。退かない。

f:id:chu-hiroking:20150308105621j:plain

 

※漫画「め組の大吾」より

-----------------------------------


「なァ……朝比奈よ、“目的”を……“夢”を実現する人間って一体何が違うと思う?」


「え?」


「なんでもいい、例えばさ……サッカーで国の代表になり、ワールドカップ得点王になった英雄… 

何万…いや、何億分の一かの確率かもしれないな、オレはずっと興味があった。

彼らは一体いつの時点で自分がそうなれると思ったのか………

でも、それは違うのかもしれない。

ある時に『俺はそうなれるかも』と気付くんじゃなくて…
『俺はワールドカップの得点王になれないかも…』なんて最後まで考えたことすらない奴が―――本当にワールドカップの得点王になってしまうんじゃないかって…!

人間は成長していくにつれ、いろんな現実を思い知らされる…

『うーん、現実は意外と理想通りに進まないぞ』

そして…『もしかしたら自分の夢はかなわないかも』『そうはなれないかも』と思う。

そう思った人間から、本当にそうなれなくなっていくんだよ…
でも、世の中には少数だが、どんなに大人になってもいつまでたってもそう思わない人間がいる。
朝比奈、これだけ俺が今回の崩落事故救出作業の困難さを説いても、オマエ、『きっと何とかなる』って思ってるだろ?」

「・・・コク(頷く)」

「オマエの最大の才能はそれさ。消防に入って今日まで…“もうダメだ”“しんどい”と口では言っても、実は本当に“もうダメだ”と思ったことがない。“自分はそうなれる”と信じているうちは、どんなことだって、“可能性”だけは残されている。」

 

-----------------------------------

f:id:chu-hiroking:20150308110131j:plain

 

 

人生は短い

2015年も62日が経過した。

ざっくり1年の5分の1が終わったわけだ。

 

2014年10月末の退職から4ヶ月がたった。

2012年に大学を卒業してから1249日、178週が過ぎた。

 

2月が終わったばかりだと思っていたら、

もうすぐ3月も1週間が経とうとしている。

 

未来を描いたあの日からどれだけたったのか?

 

Life is short.  Don't waste our life.

f:id:chu-hiroking:20150305000457j:plain

果報は寝て待ってても来ない

将来のことに不安になって日曜日の夜になると考え込んだり、

やらなきゃいけないことより、別のことが気になって何も手につかなかったり。

 

そんな時、一番マズイのは人生振り返ったり、考え込んじゃうこと。

 

社会に出てまだ3年だけど、

それでも何度そんな週末を過ごしたかわからないけど、

結局その悩んだ時間で生まれるものは何もない。

 

いくら悩んでいても「行動」しない限り、状況が変わることはない。

 

仕事でも、目の前の業務取り掛からないことには

いつまでたっても終わらない。

 

結論、果報は寝て待ってても来ない。

 

状況を変えることができる唯一の方法は「行動」。

 

 its time to move on!!

f:id:chu-hiroking:20150304003858j:plain

不安との付き合い方

もし迷った時は1番最初に思った答えに戻ろう。

それこそが、自分の野生が教えてくれた答えだから。

 from 射手座の君へ/鏡リュウジ

f:id:chu-hiroking:20150301230109g:plain

ベンチャー企業で働くということ

ブログ二日目。

 

1月に新しい職場になって、2ヶ月目。

会社も大きくなり、待遇もよくなって、

ちょっとだけワークライフバランスなんてのを意識することができていた。

 

が、

 

だめだな、と。

 

そもそも早く帰れる仕事や給料を軸に会社を選んでいるわけではない。

それは1社目も、今の会社も変わってない。

 

今の終身雇用は確実に終わりを迎える、確実に終わる。

そう思ったから「世界で生き抜く力をつける」ためにベンチャー企業を選んだ。

 

やることが多い、帰りが遅いのなんて当たり前。

細かく指示する時間がない、フォーマットも決まってないのは当たり前。

 

普通だったら何年もかけてやるのを数ヶ月でやろうとしてるんだから。

加圧トレーニングになって当然。

 

今日の役員との面談で再確認した。

 

今一度、新卒で入った会社みたいにワーカホリックに、

鬼人になろう。

 

f:id:chu-hiroking:20150224022147j:plain

 

 

約束の日は4月1日。

 

 

振り切れることにした。